2011年08月14日

グダグダな中で思う事をちらほら

 政治における右と左という区分けはあるとは思う。
 俺は右は興国であるし、左は亡国であると思ってる。
 体制側か反抗側か、というような区分けではない、と思う。


 ただまあ、そういう区分けで見てるとミギやヒダリという立場でそれぞれ語ってる方々であっても、「本当にコイツはミギなのか?」「これでヒダリとでもいうのか?」などと思う事もある。


 また、「いったい何をいってるのやら」と思う事も多々ある。


 政党支持にもそれが見てとれる。
 さんざん自民党を非難しながら、民主党が同じような事をしても何も言わない。むしろ擁護する。
 それはいったいどうなの? と思うのだが。


 大事なのは、どの政党を支持するか、ではないだろう。
 言うまでもないが、まずは何が国を栄えさせるのかを見極める事。
 それを踏まえてる政党なり政治家なり政策は何かを見ていくこと。
 それに最も沿ってる者をなるたけ選んでいくこと。
 ただそれだけだと思うのだが。
 不思議な事にこの点を見落としてる者が多いような気がしてならない。


 ましと思える事をやってるならばそいつを支持したいもの。
 少なくとも、複数の候補から最適と思える人間を選びたいところだ。
posted by つれづれなるまま・・・・に? at 21:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

民主党支持者と自民党支持者、ひいてはネトウヨとの違いはいったいいずこに?

 タイトル通り。
 民主党のやってる事の何に賛同するのかさっぱり分からない。
 まあ、自民党憎し、自民党反対で考えてるのであればそうなるのかもしれないが。


 大事なのは「日本にとって最善の道筋は何か?」であり「それをどううちたてていくのか?」だと思うが。
 この点「自民党ダメ、絶対」の思考に陥ってる限り決してそれは期待できないだろう。


 仮に自民党の打ち出した政策に反対だったとしよう。あるいは自民党のとってきたやり方に反対だったとしよう。
 では民主党が似たような事をしたら何故反対も批判もしないのか? おかしいではないか。


 自民党憎し・アンチ自民党とでも言うべき立場でしか物を語らないのであれば、そんなヤツなど信用しない。
 というよりだ。


そんな言動をとってる反自民党の連中は、自分らが非難してきたネトウヨと本質において何が違うのか?


 批判対象とよって立つべき論点・視点が違うだけで、反自民党の連中も結局は同類かと思っている。
 少なくとも俺がネットで目にする民主党支持者において、「日本にとって何が良いのか」という視点でものを語ってる者は少ないように思えた。
 実に残念である。
 これが単なる俺の懸念である事を願わざるえない。


 民主党支持者の中にも、「だが、この点は自民党と変わらないではないか。この部分は変えねばならない」という事を発言してる者がいることを願わずにはいられない。
posted by つれづれなるまま・・・・に? at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。