2006年07月01日

適当なこと95

 びっくりです。

http://d.hatena.ne.jp/myhoney0079/20061231/p1#c

 孤高のトップに張ってあったヲチ対象へのリンクが消えてます。談話室になってます。
 おそらくこの場所とは別の場所からヲチしているのでしょうが。

 そんな方々を上手に説明なさっているので2chから引用させていただきます。投稿者の方ありがとうございます。

http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1151415330/l50より

50 :名無しさん@3周年:2006/07/01(土) 03:05:53 ID:ZCvlf96b

 ニートや引篭もり・社会的弱者が、嫌韓厨や国粋主義者「ネットウヨク」になりはてる理由

●第一に、右寄りの言動により、自分を強く見せることができるからだ。

 ニート・引篭もりは、言うまでもなく社会的・経済的弱者である。
 だが、右寄りの言動を採ることにより、いかにも現実的で、強い考え方の持ち主であるかのように周囲に、そして自分自身をだますことができるからネットウヨクになりはてるのである。
 平和・人権・民主主義の尊重などを口にしていては、いかにも「夢見る少女」的な、軟弱なロマンチストという烙印を押されてしまうと恐れている。
 ニート・引きこもりは常に何かの意見をきき、その意見を自分の意見として語るだけの追従者だ。
 偏った知識でのみ判断し、それは「思考」ではなく、常にだれかの考えを「追従」しているのみ。
 その自分というもののなさが自信のなさにつながり、結果として極度に批判を自分への攻撃と捕らえ、恐れている。
 ネットでは、そのような人間が集まり、攻撃的な集団が形作られる。
 その集団にまぎれることで自分ひとりが攻撃されることから逃げるのである。




51 :名無しさん@3周年:2006/07/01(土) 03:06:25 ID:ZCvlf96b

●第二に、国家や社会に尽くしているように思わせることができるからだ。

 ニート・引篭もりは、国家や社会にとってはお荷物であり、国益や公益の形成には役立たない者達であるという負い目をいつも感じている。
 しかし、個人よりも国益・公益を優先させる右寄りの言動を採ることで、いかにも国家・社会に尽くし、自分は大義をつくしていると勘違いすることができる。
 ネットウヨクとなることは、ニート・引篭もりにとっては、自己防衛の手段なのでもあろう。


52 :名無しさん@3周年:2006/07/01(土) 03:20:51 ID:ZCvlf96b

●第三に、ニート・引篭もりにとって、国家は手軽な帰属先であるからだ。

 ニート・引篭もりは、会社や学校に所属していないので、どこかに帰属意識を求めることができない。
 家庭はあるが、ニート・引篭もりは、家庭に帰属意識を求めることもできない。
 しかし、何もない彼らにもとりあえず国民という共通項がある。
 従って、心の拠り所を求め帰属意識を持つとすれば、国家しか彼らには残されていないのである。
 又、叩くというコピペレベルのだれでもできる行動で一体感を得ているのだ。
 生産的な言動など何もできない彼らは、きいたことを吹聴することしかできない。
 だが吹聴するだけの同じような人間が何人もいる。それゆえにそんなものにさえ一体感を感じ、
 俺に味方してくれる人がいるという間違った安心感を得てしまうのだ。
 どの国ででも反他国を煽動している人がやってることといえば、できるだけたくさんの自国の美談を集め、憎む国の醜聞を並べみて、それみよという。
 いわれた・書かれた伝聞をそのまま受け取り、それだけで判断を下すしかない多くの人にとっては、その伝聞情報がすべてで、簡単に歪んだ認識を植えつけられる。実に愚かだ。やがてその人たちは偏った知識で感情的に相手を罵倒し始める。
 どの場所にもよい人もいれば、クズみたいな人間もいるのだから、どの国にも自国の素晴らしい美談もあるし、最低なニュース・醜聞も当然ある。
 つまりどの国ででも自分のよい部分だけ、それに対する相手の悪い部分だけもってくることができてしまう。



53 :名無しさん@3周年:2006/07/01(土) 03:21:21 ID:ZCvlf96b

 自分の悪い部分、相手のよい部分をわざわざ集めて発表する人はほとんどいないが、その逆は気味が悪いほどいるのが現実だ。
 日本は政府単位で反他国教育していないという点で賢明なのに、歪んだ知識のみ吸収した一般人が始末の悪いことに正義感で反他国感情を煽動するようになってきている。
 その姿は、その人が憎んでる相手とまったく同じ姿なのに気づいていない。実に、実に愚かだ。
 そして自分こそが正しいなどと思っている。(実際は限定され取捨選択された伝聞情報をみて判断しただけ。思考はない。)
 ナショナリズムの歪んだ姿で、知性のない感情的なあり方だ。無知性で感情的、そんな人ほど与えられた情報のみからしか判断せず、感情のみで判断して憎しみをもつようになる。いがみあいの連鎖。
 自分は知識(偏った)がある分だけ普通の人より民族間問題に精通していると勘違いしている愚か者の大量発生だ。人の愚かさとは無慈悲なものだ。
 偏った知識でも他人より多くの知識で判断しているのだからという錯覚で、馬鹿ほどインテリぶることができ、卑小な快楽が得られるためにそれは起こるのだろう。
 隔離板で知性のかけらもないストレス発散の醜態を見せたり、なんでもかんでも反他国に結び付けるので疎まれていることに気づいてないのは本人だけだ。
 群れに混じって中傷だけしてれば反論されない。自分と中身のないクズの常套手段である。
 嫌韓流という本がやたらにネットの某掲示板で宣伝されていたので読んでみた。
 韓国については自分のような若い世代はそれほど関心もないので、どこまで誇張してあるか分からないが、知らないことも載っていた。
 だが、この手の本は偏向すぎる。


54 :名無しさん@3周年:2006/07/01(土) 03:22:12 ID:ZCvlf96b

 あるイデオロギーを押しつけようとしているのと変わりなく、それはまさに嫌韓している人が嫌ってる韓国人の姿となんら変わりない。
 そこにはなにも知性は感じられず、感情にまかせて両者がなじりあっている、なんともまぬけな状況になってゆく。
 このような本をネットを使って煽りまくっている一部の人たちの思う壺だ。
 日本人として自立するために他国民の負の感情をわざわざ見ては、それを罵倒するような人にはまともな判断は無理だろう。
 これは日本人に限らずどの国にもいるタイプの人だ。
 物事の本質に迫るなら、今度はそのような人たちを取り扱った本を出してほしい。
 なぜなら反日、反韓などの根本の原因は、その人たちが作っているのだから。



 これも何らかのコピー&張り付けなんだろうけど、言ってることに頷ける部分はある。全部を鵜呑みにする必要はないだろうが、参考になる部分はあるのではないだろうか?

 あるいはネットウヨというものについての理解の一助になるかもしれない。


 しかしこういうのを見てふと思った。
 ミラクルは「普通の人」とか言ってるが、普通の人はそれほど政治に関心があるわけではない。良かれ悪しかれ。
 ネットであろうとなかろうと、政治について何かを述べるのはそれなりに関心のある限られた人間だろう。あるいは、そういう人間がネットに入ることで情報を得ようとしているのかも知れない。だとしたら、ネットはネット外よりは政治について関心の高い地域と言えるかも知れない。
 ミラクルが何を持って普通と言ってるのか分からないが、そう考えるとネットは普通とは言い難い部分があるだろう。ましてコメントしたりブログやサイトをやったりしているというならばそれはもう普通をほんの少しは逸脱している人、と言えるかもしれない。
 掲示板に始めて書き込んだときなどを思い出せば、コメントを残すことなどがどれだけ勇気がいる事なのか想像できそうなもの。言いたいことを主張する、となれば更に度胸が必要ではないだろうか?
 そう考えると「普通の人」というミラクルの言い分には素直に頷けない何かがある。

 ま、他人の言動にあれこれネチネチ絡むような「普通」というのはまずいない。そういう意味でも、普通というのは当てはまらないと思うが、さてどうなんだろう。
 ミラクルの考えは俺には理解できない。それが俺の無能さ故であることを、ミラクルの言ってることが間違っているからではないことを神に祈る次第である。
posted by つれづれなるまま・・・・に? at 21:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の所にも「ミラクル」などが来ては騒いで行きますけど,基本的にバックボーンとなる書物などの系統的な知識がある訳ではありません。

だから私は適当にからかって,「病人」として扱うことにしています。つまり,「病識」がない,一種の「統合失調症」患者だと診断しています。

# 一応,医療関係者として。
Posted by kaetzchen at 2006年07月02日 09:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック