2006年07月12日

適当なこと105

 お、理由を付けてトラックバックの削除に乗り出したか。

http://shizurus.blog63.fc2.com/blog-entry-38.html#comment-top


べつにトラバ自体を拒否したわけではないので、送信者は自分の記事一つにつき一回だけ最適な記事に向かって送信する場合に限り再送信を許可します。

なお、上記送信者は当初からトラバ荒らしの常習犯であるため、今後単一記事を複数回トラバ受信した場合、全部のトラバを削除する場合もあります。

今回送信された「適当なこと100(07/05) 」も複数受信したことを伝えておきます。今回も通常どおり一つは残しておきましたが毎回毎回一つだけ残して後を削除するのはうざいです(笑)

よって、まことに残念ながら同人によるTBを全て削除しました。今後も全て削除しますのでご了承ください。彼は再三のチャンスを棒に振りました。


 さて。
 かつてkomichiさんがコメントやトラックバックの削除をした時になんて言ってたんでしょうねえ、この御方。そしてこの御方の周辺の方々は。
 さすが独裁者。やる事が違う。他人には「やるな」と言っておいて自分は「やる」のか。スバラシイ


 再三もなにも自分で勝手に決めたルールだろうに。それを強要してどうするのだろうか? この人はそういうのが嫌いなんじゃなかったのだろうか?
 失礼だが、komichiさんを引き合いに出させてもらう。
 komichiさんも篠原も「条件を付けてコメントやトラックバックを削除している」。篠原なり孤高なりミラクルなどはそんなkomichiさんに非難を浴びせたのではないだろうか? それが今になって同じ態度をとるとはどういうことだろう? 理解に苦しむ。
 きっと、篠原には篠原なりの理由があるのだろうが、その理由というのが俺には分からない。彼が説明するまで今後も分からないままなのかもしれない。
 とりあえず彼が自分勝手に物事を解釈していく人間であるという確信を俺は得た。他の人がどう思ってるのか知らないが、俺にはそう思えた。


 人間というのは悪いことが出来ないようになっている。基本的に。
 例えば人を殺すという行為は例外的な人間以外にとっては、心理的に拒絶反応が出る。この心理的な拒絶反応が強すぎて実行を躊躇ったりするものだ。残念ながら例外というのは存在するのだが、ここではその説明などは割愛させていただく。
 だが、実際にこの世には殺人事件や戦争などが存在する。(両者を一緒くたにするのは間違いであるが、「人を殺す」という行為が共通するのであえて並べている。ご了承願いたい。)
 なんでこんな事が起こるのだろうか?
 それは「条件付けが為されているから」という風に思われる。
 人間というのは必要とあれば残虐になれてしまうものである。それが良い場合もあれば悪い場合もある。
 生命の危機に瀕しており、その危機を排除しなければ自分の命が危ない場合。
 あるいは、それを排除しなければ同胞や仲間の身に危機が降り懸かる場合。
 人間はこういう時に無意識に課している自分への制限を解放する。
「やむをえない」という言葉で。
 それは非常に正しいと思う。とはいえ、それは頻繁に発生してはいけない事でもある。
 殺人も、例えば「何者か襲われ、対抗として暴力を使わざるをえなかった。その結果相手を殺してしまった」、というならば許されない行為ではあっても同情の余地がある。
 戦争も、「相手が攻め込んできたので血で血を洗う戦争に突入せざるをえなかった」というならば納得してしまう。
 緊急避難措置、とでも言うのだろうか。そういうものはやはり必要なものであると思う。
 komichiさんのとっているコメント・トラックバック禁止と削除もそういった緊急避難措置として「やむをえなく」行っているものだろう。俺の贔屓目かもしれないが。
 そして篠原などはそれに異を唱えている。だとするならば、篠原とその同調者や支持者はkomichiさんのとってるような行動をとるべきではないはずだ。連中は例外を作ることを非難していたはずなのだから。


 なお、篠原の「俺ルール」はとどまる所を知らない。


ただし、こちらが拒否しているのは、あくまでTBだけで、同人による「反日ブログ監視所」への書き込みを拒否しているわけではありません。苦情・反論があればいつでも可能です。しかしながら、これまでのペナルティーとして、書き込み中に同ブログへのリンクがあった場合は、そのコメントをすべて削除します。(コメントの一部削除ができる仕様になっていないため)


 なんでコメントしにいかなければならないのか疑問である。それこそこちらの自由だろう。

 しかし。。。。。。。。。。

 篠原はこういう自分のブログの運営に関わることをコメント欄にて発表するという非常に姑息な手段をとってますな。なんでエントリーとして堂々と表に出さないのだろうか。今後の方針に関わることなのだから、訪れた多くの方々に理解できるようにエントリーにしておけば良いと思うのは俺だけだろうか? そのあたりは彼の自由であると言えばその通りなのだが。
 他人がどう思うか全く気にしないのならば、それで良いのかもしれない。しかし、それならばネットウヨク呼ばわりされても文句言わずにいれば良いと思うのだが。
 いや、他人につっこみを入れられたくないので、読みにくい所においてあるのだろうか?

 いや、篠原は「コメント欄くらい目を通せ!」と言いたいのだろう。でも、多くの人が見るのは、まずエントリーの方じゃないだろうか? また、エントリーの方が読みやすくないだろうか? コメント欄の中から運営方針などを見附だ吸ってのは結構難しいと思うのだが。
 俺の気のせいだろうか?


 篠原の奴が「トラックバック削除」を打ち出してきたので、このエントリーを送っても意味はないだろう。が、それでも一応奴の所には送っておこう。トラックバックする事で、俺が新しいエントリーを作ったという事が確認できるだろうから。



 というわけで
posted by つれづれなるまま・・・・に? at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック