2006年09月10日

適当なこと154

2ちゃんねる から子供たちを守ろう!


 乙武さんのブログが荒らされている。炎上だ。
 http://sports.nifty.com/ototake/を参照のこと。

 事の起こりは乙武さんが書いた次のエントリーである。

「2006.09.07 紀子さま出産」
http://sports.cocolog-nifty.com/ototake/2006/09/post_f549.html

世間は昨日から「めでたい、めでたい」と騒いでるけど……

ひとつの命が誕生したことがめでたいの?

それとも誕生した命が「男児だったから」めでたいの?

どちらにしても。

これで、また大事な議論は先送りにされてしまうんだろうなあ…。

2006.09.07 | 固定リンク | コメント (1483) | トラックバック (52)




 これについては俺も否定・反対の立場である。

・生命の誕生と、生まれた性別の違いを分けるその考えはなに?
・大事な議論てなに?

 この二点が伺える。
 それって、「家業を継ぐのが悪い」って考え?
 この短い文章ではどのように考えてるのか分からない。だからこそいかようにも言い訳ができる。マスゴミなどが行う言葉のお遊びだ。
 こういう言い方ってのは、靖国問題などの公式・私的参拝に通じるもんがある。相手を非難するために色々と言葉を弄するというやつだ。俺はこういうのが大嫌いである。

 生命体である以上、生命の誕生は喜ばしい。
 また、人間である以上社会を継承していく男子の誕生は喜ばしい。
 そこを分けて考えるってことは、「社会性を否定してケダモノのような生命体であるというだけの状態に戻れ」ってことか?
 男が家を背負ったり家業を継いだり、そうでなくても社会に出て働いて社会を背負ってくなど当たり前だろ。嫌なら女系社会にでもいけ。そういう所も世界にはある。
 だが、日本はそうではない。
 また、そういう社会を形成してここまで発展してきた。女性が働き、女性が社会を背負っていく女系社会というのも確かに存在するようだ。詳しくは知らないから何ともいえない。が、先進国と言われる所で女系社会である所を、俺は寡聞にしてしらない。
 発展は様々な要素が絡み合って成り立つのだろうから、この一点のみを言い立てて強弁するのも間違ってるだろう。だが、厳として存在する事実を無視するのもどうかと思う。

 もう一つ知ってるささやかな一例(もっとも、人づてに聞いた話なので事実とは違うかも知れない。その場合はご容赦を)を。
 モンゴル帝国の侵略がヨーロッパに及んだとき、退廃していた当時のヨーロッパはこれを撃退することが出来なかったという。その一例としてこんな事を聞いた。
「男がまともに働かず、騎士団すら女で構成されていた」
 これには唖然とした。
 戦争という厳然とした体力差がものをいう状況で女が男に叶う分けないだろうに。まして銃もない(いや、あったかもしれないが、もの凄く初期の銃で、戦闘にどれだけ使えたのやら・・・・・)状況で男女差を埋めるものなどほとんどない。
 そら負けるに決まってるわな・・・・・・。


 まあ、そんな事を聞きかじったりもしてるので、
「男が社会を背負うのは当然。
 家業を継ぐことだってあるだろうよ。
 何が悪い?」
という考えを持っている。
 親王殿下もしかり。


 とはいえ、乙武さんのブログにて行われている意図的(でなければあんなにコメントが集まるわけないだろう)なコメントスクラムは断じて許せない。これが意図的という理由は、直前の次のエントリーへのコメントがたった13件だけだからだ。

「2006.08.20 激闘・延長十五回!!」
http://sports.cocolog-nifty.com/ototake/2006/08/post_b91c.html

早稲田実業×駒大苫小牧の決勝戦。球史に残る名勝負だった。

早稲田実業・斎藤佑樹投手。
駒大苫小牧・田中将大投手。

長年、高校野球を見てきたけれど、ここまで高レベルな投手戦は、
ちょっと記憶にない。それが決勝戦という大舞台で見られるなんて!

直球の威力。内外角に投げ分けるコントロール。切れ味鋭いスライダー。
そして、ピンチにも動じることない精神力。

すべてが申し分ないレベルでそろっていて、
見ていて何度も感嘆の声を漏らしてしまった。


引き分け、再試合。

ここまできたら両校優勝でいいじゃない。
…なんて思う僕は、やっぱり年を取ったのかな。


純粋な一野球ファンとして、彼らの「将来」が不安にもなる。

斎藤投手は、178球。田中投手は、165球。
連日、炎天下のマウンドで熱投を続ける彼らの肩やヒジが、
消耗品であることは否めない。


だが、外野がいくら心配したところで、
本人たちが「投げる」と言って聞かないだろう。
高校3年間のすべてが、あのマウンドには詰まっているのだから。
そうたやすく他人に譲る気持ちはないはずだ。


ならば。


なぜ、午後1時プレイボールなのか。
いちばん気温の上がる時間帯に試合時間を設定する意図が、
僕にはどうしてもわからない。

日程の都合上、明日に試合を組まなければならないのはわかる。
だが、ナイターにするなど、選手の負担をできるだけ軽減する対応が
とられたとは思えない。

結局、高野連のお偉方は、球児のことなんて何も考えちゃいない。

2006.08.20 | 固定リンク | コメント (13) | トラックバック (4)



 また、反対意見の表明だけなら分かるが、謝罪や反省を強要するのは一体なんなんだ?
 それは既に脅迫だろうが。
 批判、意見の対立はしょうがないが、相手に自分の意志を強要するのは納得がいかない。
 そういう部分には断固として反対を表明する。




**追記9/10**



 ちょっと書き忘れた。

 どうとでもとれるような書き方するな!!

 行間を読ませるような文章は小説家に任せておけ。
 自分の考えを表明するなら、しっかりと自分の考えを述べて貰いたい。
 これが一番腹の立った部分かなあ・・・・・・。
posted by つれづれなるまま・・・・に? at 08:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

乙武炎上該当記事を読んで
Excerpt: 今月はじめの記事だったんですね。
Weblog: (‡ー・_=)y−くたばれ2ちゃんねる
Tracked: 2006-10-06 09:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。