2006年11月18日

適当なこと170

不可解なコメントをいただきました。
http://anklgh90iosa.seesaa.net/article/27475376.html#comment

>はじめまして。
トラックバックありがとうございます。

"賛成できない"とはおっしゃいますが、まぁ、「言い方の違い」といいますか、意外と似たような考えだったりするかもしれませんよ。
炎上を防ぐことが難しいと"つれづれなるまま・・・・に?"さんも認めているからこそ、もどかしい思いを感じておられるのですよね?

匿名についてですが、たとえば、次のような表現を僕がしたらどう思われますか?

「匿名に隠れて活動することがネットの醍醐味である」

おそらく賛同してはもらえないと思いますが、かといって、これを否定する明確な理由も思い浮かばないのではないでしょうか。

Posted by KEI at 2006年11月15日 00:52




>"賛成できない"とはおっしゃいますが、まぁ、「言い方の違い」といいますか、意外と似たような考えだったりするかもしれませんよ。


 何がどう似ているんでしょうか?
 説明して下さい。


>炎上を防ぐことが難しいと"つれづれなるまま・・・・に?"さんも認めているからこそ、もどかしい思いを感じておられるのですよね?


 何がもどかしいんでしょうか?
 説明して下さい。


>匿名についてですが、たとえば、次のような表現を僕がしたらどう思われますか?

>「匿名に隠れて活動することがネットの醍醐味である」

>おそらく賛同してはもらえないと思いますが、かといって、これを否定する明確な理由も思い浮かばないのではないでしょうか。


 だから何だというんですか?
 あなたが何が言いたいんですか?
 匿名は楽しい、というのでしょうか?
 明確な理由というならば、匿名に賛同する明確な理由を述べたらどうですか。
 匿名の何が醍醐味なんですか?


 何が同じで、何がもどかしくて、匿名についてどう考えてるのか?
 それらが全く明確でない。




 荒らしの特徴ですね。


・相手に考えさせ、相手の言葉にのって行動する
・自分の考えは全く何も出さない
・相手と自分は同じ考えなんだよ、と嘘を吐く。


 いつもいつも同じ手段でご苦労な事である。
 2ちゃんねるでよく見た手口だ。


 新聞や宗教の勧誘と同じ。
 絶対に受け入れてはいけない。
 絶対に頷いては行けない。
「帰れ」という一言意外なにも言ってはいけない。
 そんな事を思い出させるコメントである。



 こういうのも荒らしの一形態なので、皆さん騙されないようにして下さい。



 ちなみに。
 オカルト雑誌で見たエオクソシズム(悪魔払い)のやり方です。

・悪魔と議論してはいけない
・悪魔の言葉にのってはいけない
・常に退散を命じ続ける

悪魔を荒らしと言い換えてもよろしいでしょう。

 ついでに悪魔のとる行動パターン

・最初に嘲り「お前なんかに何ができる」」
・続いて懐柔「なあ、お前も楽したいだろ?」「つらいんだろ、分かるよ」
・そして罵倒「さっさと消えろ!」「失せろ!」


 とこのような順番でくるそうです。
 最初見たときには「ふーん、そうなのか」と思ってましたが、ネットで荒らし連中と同じ行動なのを見て笑ってしまいました。
 洋の東西を問わず、悪いことをする連中というのは同じ様な行動を刷るんだなあ、と。


 悪魔が実在するかどうかは分かりませんが、こういう荒らしを見てると悪魔のような連中というのはいるんだなあ、と実感します。
 ま、対処法が分かったところで俺も先人の教訓に習って同様に対処しましょう。


 おっと、コメントへの返事が遅れてしまった。いかんいかん。


「あ、KEIさん。
 こんなところまでご苦労様です。
 俺の中にあなたとのどんな共通点を見出したのか分かりませんし、俺がもどかしいと思ってる何てデッチアゲをする理由もわかりませんし、匿名の何が醍醐味なのか全く理解できません。
 それらがどんな考えに基づいてるのかさっぱり理解できません。こちらとしては『そこまでして荒らし行為を続行したいんだ』としか思えません。本心は違うかもしれませんが、あなたの書いたことからはこのような事しかおもいつきませんでした。
 違うと仰るならば御自身のブログにでもお考えを掲載していただけば幸いです。あとは、お仲間の深沢さんと仲良くやってください。
 それではごきげんよう。」





 さて、おいらはおいらでお勉強をしにいきましょう。



 荒らし対策のお勉強場所

  ↓↓↓

  ↓↓↓

  ↓↓↓

  ↓↓↓

2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
posted by つれづれなるまま・・・・に? at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック