2006年11月23日

適当なこと176

2ちゃんねる から子供たちを守ろう!


「ぎゃふん!」
 http://kei.txt-nifty.com/suki/2006/11/post_c0a5.html


 そうそう。
 言いたいことは自分のブログでお好きなように述べればよろしいんですよ。


>>KEIのどうともとれる官僚答弁からは明確な答えが引き出せない。

>ぎゃふん。

>これは痛いところを突かれました(^^;)。



 自覚はあるようで。
 でも、最後に、

>僕は、【ブログで「炎上」は避けられない】というエントリを書きました。

 ただ、「炎上」は避けられなくとも、「減らす」方策はあるだろうと思います。

 根本にすえるべき方策は、「炎上しにくいエントリ」を書くことだと思います。

 誤解されないように書いておくと、僕は、荒らし・炎上・コメントスクラムを少しでも減らそうとしている方々の活動をむしろ応援させて頂きますよ。
 ただ、その活動に対して疑問点があれば、自分のブログのエントリに書くこともありますし、ヨソ様のブログにコメントを書き込むこともあるワケで。



 とのらりくらりとかわしてますなあ。
 炎上しにくいエントリ、とは文句をいう連中の意のままになるという意味ということで。
 でなければいったいどんな事を書けというのでしょうね。


>ただ、その活動に対して疑問点があれば、自分のブログのエントリに書くこともありますし、ヨソ様のブログにコメントを書き込むこともあるワケで。


 どうぞ御自由に。
 ただ、コメントはサイト主やブログ主のコントロール下にあるので、http://kei.txt-nifty.com/suki/2006/11/post_9d9e.htmlにおける、

>それをあなたは、自分の望むようにコントロールしたいと思っているのでしょうか?

と矛盾する。
 片方でコントロールに反対しておいて、片方でそれを認める。
 どっちがこの人の本音なんでしょうね。
「誤解されないように書いておくと、僕は、荒らし・炎上・コメントスクラムを少しでも減らそうとしている方々の活動をむしろ応援させて頂きますよ。」
と言いながら結局「俺は自分の好きなように行動するんだ。だから邪魔すんな!」というのが結論でしょうか。
 いや、最初からそう言ってるんだから仕方ないのか。
 ついでに言えば次の言葉とも矛盾するような気がする。


>潔癖症と言うよりは、単なるわがままではないかと。

ま、まぁ、そこらへんはオブラートに包んでおきましょう(爆)。



 深沢のコメントへのこの返答を見るに、コメント削除などを「コントロール」とみなし、それに否定的なようで。

 そんなKEIの炎上対抗手段がこれ。

根本にすえるべき方策は、「炎上しにくいエントリ」を書くことだと思います。

 根本に据えるべき方策がこれではどうしようもありませんね。
 左翼の全方位外交と同じで、「誰に対しても笑顔で」と言ってるようなもの。そんなの無理に決まってるだろうに。
 それともKEIいは可能なのだろうか?
 だとしたらスゴい。俺にはマネできねえ。


 根本的な問題として、
「その活動に対して疑問点があれば、自分のブログのエントリに書くこともありますし、ヨソ様のブログにコメントを書き込むこともあるワケで。」と言って、「自分のコメントは正しいものなんだ」とか勘違いしている連中の方であり、コメント・トラックバック削除に反対している連中であろう。
 なおかつ、「誤解されないように書いておくと、僕は、荒らし・炎上・コメントスクラムを少しでも減らそうとしている方々の活動をむしろ応援させて頂きますよ。」と言って荒らしや炎上に敵対しているようにみせかける嘘八百にある。
 まあ、炎上を避けられないものとし、それを軽減するしかできない、と考えてるような人とは何かが決定的に違うのだろう。
 今後もどうともとれる官僚答弁を掲載し続けて下さい。
 それこそがKEIなる人物の言う、『「炎上しにくいエントリ」を書くこと』なのだろう。


 つまり、官僚答弁のような、

・明確な言葉は書かない
・どうとでもとれる言い方をする


のがKEIのやり方なのだろう。



 何にせよ、荒らしや炎上を排除しようという気はさらさら無く、それを軽減する以外のどんな手段もないのだからこれも仕方ない。
 そういう処世術で頑張ってください。



 しかし、この人は自分の家にヤクザやチンピラが押し入るのに賛成なんだろうか? それはそれで一つの考えだし、彼の自由だが。
 彼の最大の問題は、そういった考えに基づいて他人を非難する事だろう。
 
posted by つれづれなるまま・・・・に? at 20:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

荒らし対策のためにも、バーナーを活用しましょう!
Excerpt:  リンク付きの主張バーナーは、こちら側の主張やスローガン等を、わかりやすく読者に伝えるというだけでなく、ネット厨房・チンピラ(いわゆるネット右翼)などの荒らし対策としても、そこそこの効果を発揮するよう..
Weblog: 嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)
Tracked: 2006-11-26 21:14
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。