2006年11月30日

適当なこと177

2ちゃんねる から子供たちを守ろう!

 暴言の集合体である炎上支持者のKEIさんは、あの手この手でコメント欄を解放させたいようです。
 それが最後に出ています。


>全てのケースにおいて、"とにかく削除ありき"で対応して、いい結果が出るのかどうか疑問です。そして、自分のブログで実行するだけならともかく、他人にまで「とにかく削除すれば解決するよ」とオススメしまくるのは、ちょっと危うい面もあるのではないかと思う次第であります。


 自分のブログをコメント・トラックバックの自由にしているだけならともかく、他人にまでそれを強要しておいて何を言うんでしょうか?
 全く理解できない人です。
 この人は本当にコメント欄を解放させたくて仕方ないようですね。
 「とにかく削除ありき」がこちらの対応ならば、「暴言を野放しにする」のがKEIのやり方のようです。無秩序が大好きなんでしょう。あるいは、混乱・暴動・崩壊・破壊・というのが好きなんでしょう。


 どうとでもとれる官僚答弁に終始している辺りは相変わらずですな。
 何がどのように危ういのでしょうか?
 付き合う相手を選ばない方がよっぽど危険というものでしょう。


 コメント欄を解放しているのを基準にした結果、炎上や暴言の跋扈を許してきたのだろう。
 むしろ制限をかけたほうが危険は少ない。
 密入国者を取り締まるようなもの。
 その辺りを理解してないようで。


 まああれだ。
 他人にオススメするのが危ういと思うのならば、あんたも自分のやり方を進めるのをやめたらどうだ?
 自分は例外かよ。



 
posted by つれづれなるまま・・・・に? at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック