2007年05月02日

休止宣言から二回目

 まーたバカが何かやってるよ・・・・・・、 などと思った今日この頃。


http://blogs.yahoo.co.jp/majono_takuhaibin2003/MYBLOG/guest.html


>majono_takuhaibin2003さん 嘘を嘘と指摘し、ダブスタをダブスタと指摘することはよくないことでしょうか? 少なくともwwwに意見を載せている以上人の評価の俎上に上がることは仕方がないと思いますがね。


2007/5/1(火) 午後 4:23 [ miracleさん ]




政治について向いているのは特定の政治家について向いてませんかね。まあ、それはいいです。あなたが個人攻撃を嫌がるように、私は嘘やダブスタコメント隠し、誇張による中傷、主張と関係のない部分での人格攻撃が嫌なのです。実害を受けたかといいますと、私の美意識が被害を受けたというところでしょうか。


2007/5/2(水) 午前 0:54 [ miracleさん ]




 まー、何といいましょうか。


・WWWに意見を公表してるなら、などと仰るならオノレらの行動・言動も批判の対象になることくらいわきまえろ。

・majono_takuhaibin2003さんも仰ってるが、「美意識が被害ってさ。そういうのを我慢するのが「大人」というものじゃないのかな?」

・美意識が被害、などというなら、篠原やそこに出入りしてる連中などが行ってる行為は、実害はないが美意識(プライドとか誇りとか矜持でもよい)への侵害ではないのかね?

・それとも他人の美意識の侵害は「健全な批判だ」といういつもの決まり文句で封殺するつもりなのかね?

・ひっくるめて、「文句言われるのが嫌ならWWWに何も書くな」というミラクル的な言動をそっくりそのままお返ししよう、ということになる。


などと思えてくるわけですよ。


 あと、恥知らずな御方もおられるようで。
 いや、彼(彼女?)にとっては当然の主張なのだろうか?


majono_takuhaibin2003さん。名指しされましたので管理人の私がコメントします。「執拗な荒らしと無礼なTB等」と書かれていますが、私は「荒らし」たことはありません。嘘をつかないでくださいね。「無礼なTB]とは何を指しているのでしょうか?まさか適当に書いているのではないでしょうね?


2007/4/29(日) 午前 2:26 [ 篠原静流 ]



 自覚がないのはどうしようもないですね。
「俺はやってない!」と思いこむのは勝手だが、やってることをどう受け止めるのかはやられた人や周りの人。
 まあ、お仲間からは擁護されるだろうけど、それ以外の人からどう思われるかまでは何とも。
 少なくとも俺は篠原のやってることに何の理解もない(少しだけ穏当な言い方をすると)。
 もうちっと本音をいうと、馬鹿なことをしてると思う(あくまで俺の意見。世間がどう思ってるかはしらん)。


確認しておきますが、こちらのブログで管理人に同意したり賛同したりした人は、管理人さんの「仲間」ということでよろしいでしょうか?


2007/4/29(日) 午前 2:29 [ 篠原静流 ]


 篠原から見たら「お仲間」になるのだろうか?
 それとも、「世間一般にむかってお仲間宣言をしろ」と言ってるのだろうか?
 どうとでもとれる発言ですな。
 そして発言内容を使ってあれこれと誹謗中傷しようと言う荒らし行為にも見えかねません。そうならないように、言葉遣いには気を付けましょう。



 そらそうとして、篠原にしても中畑にしても、最初は質問からくるんだな。
 相手の答えを使って揚げ足をとろう、「お前が言っただろう!」という風にもっていこうという姿勢がみえみえです。
 荒らしってよく質問するよね。しかも、答えを勝手に歪曲するし。
 そんなのがまともに相手されると思ってるのだろうか?




 そんな成長も進歩も発展もみられない人々を眺めていると、
「日本の夜明けは遠いなあ」
などと思って黄昏てしまうわけです。




 さて。
 このエントリーをmajono_takuhaibin2003さんのブログに送ろうにも該当するエントリーがないので送るに送れない。
 なので、当面の措置として、一応は面識のある方々に送ろうと思う。
 一応ネトウヨを自称し、革命・革新反対、国家の国民の生活への介入反対、国の規模は小さく、福祉などの生活擁護は国を滅ぼす基である、外国との付き合いはほどほどに、経済的に繋がりが深いからと言って国を損なってまで相手に付き合うな、日本も核軍備を、などと思ってる人間ですが、

「反日ブログ監視所なんかに付き合ってはいられません」

と思うわけです。
 少なくとも連中がもとめているのが、
「反日的な言動をしてる人間をおちょくって遊ぶ」
こととしか思えない以上はね。
「反日発言ならば、なぜ反日になり、どうして国を損なうのかを指摘し、今現在日本がとりうる最善の策はなにか、ということを提示していく」のが反日活動に対する最大の攻撃になるのではないだろうか。
 少なくともバスの降車ボタンにこだわったりするのは反日ブログ監視所のやることではあるまい。



 そう思って反日ブログ監視所を眺めていて思うのは、
「なんで個人的なことにまでげんきゅうしてるのか?」
ということになる。
 右も左も関係なく、無能な連中ってのは本題から外れたところで相手を貶めようとするんだなあ、と深く感じる今日この頃でした。





 上記文章を楽しく眺めていただければさいわい。






 政治的なことについての考えも少々のせて、今回は終わり。
 次回は未定にして不明。
 返事は期待しないように。


・残念ながら、国家は自らを防衛しなければならない
(他国は常にこちらを狙ってる、と考えたほうがよい。
 中国の軍拡、最近のロシアの強行的な態度、アメリカが最強の軍事力を保持し続けようとする態度、北朝鮮ですら核兵器によって優位に立とうとするところを見ると、世界はちっとも平和ではない)


・平和とは、国境線の内側でしか機能しない
(悲しいかな国境の接触面は、冷たかろうが熱かろうが戦闘状態、と心得ていた方がよかろう。
 各国が戦争してない状態は、平和なのではなく戦争準備期間のようなもの。
 人が戦禍を考えずに暮らせるのは国境線の内側の国内でしかない)

・経済力は安全の保障にはならない。むしろ他国の掠奪対象となる。
(豊かな国を前にした他の国がどういう思いを抱くのか、どういう行動をとるのかは歴史を眺めれば一目瞭然。
 友好的な貿易・交易関係を求めるものはいない。
 侵略し、相手から掠奪しようと思うのが人情。
 口先にのぼる「友好」と顔に浮かんでる作られた「微笑」は相手を油断させて懐に入る手段でしかない。日本人はもう少しそれを学んだ方がよろしい)

・自らの働きに応じた稼ぎしかこの世には存在しない
(国の保障などをあてにするな、国に生活の保障をさせるな、ということ。国が生活の面倒を見ようとしてどうなったかはソ連や中国を見れば一目瞭然。
 ソ連は崩壊した。
 中国は路線を変更するしかなかった。
 未だに「国が生活の面倒を見る状態」の北朝鮮では餓死者が続出してると聞く。
 福祉とは国に金を出させ、金を出した国は国民の税負担を増強させ、増強した税負担は国民の生活を圧迫する。
 既に分かってる結果なのに、何故に福祉を国に求めるのか俺には理解できん)

・善意を実行するなら自らやれ。自分以外の誰かや機関にやらせるな。
(上と同じ。
 共産党にしろ左翼にしろ、自分の身銭を切ったやつはいない。皆自分以外の誰かに金を出させる。
 それは形を変えた強盗か、理屈を憶えた乞食でしかない。
 人として間違ってる)

・偉いのは自分で稼いだ奴。稼ぎをどう使うかは、稼いだ奴の自由。
(人から奪ったのならともかく、人が欲しがる者やサービスをして得た利益は正当なもの。それをどう使うかを他人がどうこう言わない。
 当たり前のことだと思うのだが、金持ち嫌いの心理的貧乏人である左翼というのは、何故か金持ちを攻撃する。連中は不正や不当な手段で財をなしたのだろうか? だったら非難して当然だが、連中が真っ当に会社を運営し、社員と共に商品やサービスを提供し、その結果として報酬を得ているならやましいところはない。
 にも関わらず金持ちにあれこれ金を出せというのは間違ってる。少なくとも俺にはそういう風にしか思えない)

・企業は不当な利益を上げてるのか?
(常々思うのだが、企業というのはそんなに悪党なのだろうか?
 だったら、個人商店もそこで働いてる普通の人も全員悪党なのだろうか?
 共産党のポスターに「企業減税反対」などと書いてあるのを見ると、企業の衰退を願ってるように思えてならない。企業への減税は企業の存続を容易にし、そこで働く者達への雇用の供給につながると思うのだが。
 それとも、企業から絞るだけ搾り取って企業を解体し、失業者を増やそうというのだろうか?
 全く理解できん。
 ただ、「民衆への増税反対」には賛同できる。
 しかし、増税するのは共産党が大好きな福祉を維持しようとするからであり、その負担が累進課税の加速につながってるのだが。
 どうも共産党は頭が悪いとしか思えない。
 もっとも、累進課税をよしとしているのは貧乏人の僻み根性という悪癖によるものなのだろうが)

・社会保障(と言う名の国家保障)は国を内部から滅ぼす
(俺の身近な連中も社会保障は必要だ、などとぬかしてるんだからこれはどうしようもないだろう。
 だが、増大する国家による保障は、否応なしに財政を悪化させていく。結果として増税か国の借金となるのだが、その事を理解してる連中は少ない。
 結局、ジジイババアに留まらず、今を生きてる連中、社会保障を撤廃しようとしない連中は、破綻した制度や国の借金、さもなくばとんでもなく膨大な税金を後の子孫に残そうとしている。
 それを考える想像力は、「じゃあ今生きてる人を見捨てろというのか」という偽善で払拭される。
 つまり、子孫の事など、自分以外の者などどうでもいいのだろう)

・自分のことは自分でやらねばならない
(結局はここにいきつく。これが原点であり、結果である。
 自分の面倒を自分で見て、余裕があるなら他人の面倒を見る。
 他に宛がある、と思うから手を抜くし堕落する。
 そういうもんだろう。
 だが、今の世の中で自分の食い扶持を稼ぐというのがそんなに難しいことだろうか? それさえ怠り国に保障を出させようと言うのはどういう了見なのか理解しかねる。
 身体が動くんなら外に出て働け、といいたい。
 ニート対策なども同じだ。親の臑をかじってる連中などほっておけ。下流社会や格差社会と騒いでるが、まともに働いてない奴が下流や底辺に流れ込んでいくのは当然だ。助ける義務も義理もない。
 むしろ「何もしないロクデナシが!」と言って切り捨てるのが当然と思うが。何でそんなに救おうとしてるんだろうか?
 やる気のない奴なんて、結局何もしない。
 自分すら助けられない奴などに生きる資格はない)




 まあこんなところか。
 これで全部ではないにしろ、だいたいこういう考えの人間である。
 そしてこんな考えだからこそ、これと真っ向から対立する左翼が嫌いなのである。
 俺から見ると左翼とは「怠け者」であり、左翼思想とは「怠け者の屁理屈」にしか見えない。
 そしてこういう怠け者の屁理屈は何故か「反国家」となっていく。通る道は様々だが、結局は国家を、そこで生活する者達を踏みにじっていく。
 俺はそういうのが大嫌いだ。


 誤解のないように書いておくが、休むのと怠けるのは全く違うから。
 こういう注意書きを書いておかないといけないのが、今のネットの不便なところだ。
posted by つれづれなるまま・・・・に? at 17:02| Comment(1) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 トラバいただき、ありがとうございました。
 今回もわたしのブログ仲間が、中畑、さらら氏、ミラクル始め、反日ブログ監視所関連の人間が入り乱れた、とんでもない事態に発展してしまいました。
 majono_takuhaibin2003さんは、まったけさんを応援するコメントを入れた勇気ある方です。わたしも交流を始めました。
 相変わらず、ダブスタと言うより、自分を棚にしっかりと上げっぱなしのミラクルや中畑に呆れています。
 わたしのコメントは、どこに書いても、卑怯だの嘘吐きなど、書かれます。
 もう少し時間を大切にしろと言いたいです。ま、やることが無いのなら、しょうがありませんが。(笑)
 では、またよろしくお願い致します。
Posted by いわれひこ at 2007年05月02日 18:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ネット工作員は数字の魔術師……そして、張り子の虎(笑)・その1
Excerpt:  いわゆるネット右翼(左翼)など、ネット上にて様々な工作を行う人たちがいるという。  例えば、自分たちに都合の悪い主張をする個人や団体のサイトに、誹謗中傷やコメントスクラムなどの攻撃を仕掛けたり、ラ..
Weblog: 嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)
Tracked: 2007-05-02 23:17

マスコミは戦前と同じ轍を踏むのか?〜朝日の商業主義路線を憂う
Excerpt: 久しぶりの更新です。るいネットでは、今マスコミ論が盛んである。とりわけ、かつて高い良識を誇っていた朝日の凋落ぶりを示すレポートが続いている。 >朝日 左翼論調で読者離れ 商業主義へ路線変更 >..
Weblog: 世界経済を読む〜共認経済学へようこそ!
Tracked: 2007-05-07 01:02

ネット工作員は数字の魔術師……そして、張り子の虎(笑)・その2
Excerpt:  いわゆるネット右翼(左翼)など、ネット上にて様々な工作を行う人たちがいるという。  例えば、自分たちに都合の悪い主張をする個人や団体のサイトに、誹謗中傷やコメントスクラムなどの攻撃を仕掛けたり、ラ..
Weblog: 嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)
Tracked: 2007-05-07 21:43

ネットの暴力を助長する人々(1):炎ジョイ編
Excerpt:  驚くべきことが起こりました。  なんと、炎上というネットの暴力を助長して、それを商売にしようという試みがあったというのです。  そのサービスの名は「炎ジョイ」といいま...
Weblog: 嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)
Tracked: 2007-11-28 06:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。